表具・掛軸・額 谷口萬栄堂

地元、滋賀県・水口にゆかりの巌谷小波の掛軸や表具に関する情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後の先(ごのせん)

先日テレビで、白鵬の特集をやっていました、その中で相撲の取り口で「後の先」という言葉が気になったので、いろいろ調べてみると、「後の先」とは武道などでよく使われる言葉で、相手の動きを見てはじめて自分が動き勝ちをとることであると書かれていました。敵とにらみ合い、自分はみだりに動かず、安全な間合いを保ちながら、相手の攻撃を待ち、相手が仕掛けてきた時点ではじめて動く。相手と自分の態勢が五分五分の場合、先に動くことは隙ができきわめて危険である。「後の先」をとる限り、相手は態勢的にも、精神的にも、不安定になる。そこをつくのだから効果のほうは言うまでもない。また動くタイミングも重要である。相手の攻撃をいつまで待つかである。早く動きすぎると相手は攻撃の軌道修正がきく。かといって引付け過ぎると攻撃をまともに食らってしまう。「後の先」の攻撃が成功するか否かは、自分がいつ動くかに掛かっているこの言葉非常に含蓄のある言葉で、人生のいろいろな場面で通用しそうである。白鵬がんばれ。
スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

プロフィール

谷口萬栄堂

Author:谷口萬栄堂
表具・掛軸・額など
表具に関する話題

ホームページはこちら

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。