表具・掛軸・額 谷口萬栄堂

地元、滋賀県・水口にゆかりの巌谷小波の掛軸や表具に関する情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二月二十九日

今日は2月29日4年に一度。何か1日得した気分になる、この日生まれの人の誕生日は「4年で1歳」などといわれるが、年齢に関する法律では「誕生日の前日に満年齢に達する」と決められているらしい。4月1日生まれが早生まれになるのもこの法律のためである。こんな法律があるのも地球が太陽を1周する時間が約365.24219日と端数がありそれをうるう年で修正するがそれでも現在のうるう年の決め方では数千年で1日ほどずれるらしい。今日はまた「ニンニクの日・肉の日」などいろいろある。また今日世界一高い東京スカイツリーが完成する。ちなみに開業は5月22日である。明日から3月と聞くと何となく気分が明るくなり景気も良くなりそうな気がする。
スポンサーサイト

田村まつり

今日2月18日は、私の誕生日です。団塊の世代の人間ですが、かろうじてわが国での生産年齢人口にとどまっております。ところでわが町に今朝この冬初めて積雪らしい積雪がありました。例年ですと年末あたりから2~3度くらい積もるのですが、今年は全国的な豪雪の割にはこの地域では、雪の量は少ないです。私の住んでいる街(平成の大合併までは隣町だったのですが)に田村神社というお宮さんがあります。田村神社は近江の国と伊勢の国の国境近く(鈴鹿峠)にあり古来には都より伊勢へと参宮する交通の要衝でした。祭神は坂上田村麻呂という平安初期の武人で後に征夷大将軍に任じられました。「田村まつり」として親しまれるこの祭りの起源は古く、弘仁3年(812年)農作物が実らず疫病がはやり人々が苦しんでいたので嵯峨天皇が坂上田村麻呂に災厄をはらうよう命令を下したそうです。そして三日三晩にわたり大祈祷が執りおこなわれ禍事が収まったと伝えられています。田村神社の広大な神域は深い樹林に囲まれ厳かな景観をなしています。田村麻呂の鬼退治の伝説にまつわる「厄除けの神」としても有名で、毎年2月の17・18・19日の3日間大祭が盛大に行われ十数万人の人出でにぎわいます。例年この時期には雪が舞うことが多く今年も厳しい寒さとなりました。ぜひ一度お参りください。

節分

明日は「節分」です。節分とは本来「季節を分ける」つまり季節が移り変わる節日をさし、立春・立夏・立秋・立冬のそれぞれの前日に、一年に4回あったものでした。ところが日本では立春は一年の始まりとして、特に尊ばれたため、次第に節分といえば春の節分のみをさすようになったようです。このところの日本列島は、20年に一度という記録的寒波に見舞われ特に日本海側では大変な豪雪に見舞われています。幸いわが地方は、この冬は西高東低の気圧配置が強すぎるのか、気温は低いが例年なら2~3回ある積雪も今年に関してはほとんど積もりません。我が家で一番寒い場所と思っているトイレに寒暖計を置いていますが、普段は4~6度なのに今朝は2度までさがっていました。この寒波も今日がピークということなので明日の節分には「季節を分けて」一年の始まりに備えてほしいものです。

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

プロフィール

谷口萬栄堂

Author:谷口萬栄堂
表具・掛軸・額など
表具に関する話題

ホームページはこちら

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。