FC2ブログ

表具・掛軸・額 谷口萬栄堂

地元、滋賀県・水口にゆかりの巌谷小波の掛軸や表具に関する情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界禁煙デー

明日5月31日は、「世界禁煙デー」である。この時期になると「禁煙の効能」がマスコミをにぎわします。私の周辺にはまだまだ、「意志が強いから止められない」と変な理屈でタバコを止めることができない人が何人もおります。近年喫煙者は世の中からますます肩身の狭い状態に陥っております。厚生労働省によると喫煙者の4人に一人はタバコをやめたいと思っているそうです。私は自分が心臓病になってから、あの苦しみに耐えられなくなりタバコをやめました。すでに15年近くになりますが、タバコを吸っている人の姿を見かけますと、同情さえ覚えあまりいい恰好ではないと思うようになりました。
禁煙に関する記事の中で禁煙期間が10年続けば細胞は修復され、肺の機能、肺がんのリスクは非喫煙者と同じに戻るそうですが、それは身体機能が元に戻っただけの話で、ニコチンの受容体ができている喫煙経験者の腦は、いくら禁煙期間が10年続いたとしてもただ長く禁煙出来ているだけだそうです。潜在的な喫煙者として常にニコチンづけに戻る可能性があることを肝に銘じ、禁煙を永遠に続けたいと思います。

スポンサーサイト

物忘れ

最近よく物忘れをします。痴呆の始まりでしょうか。4月中に書くつもりのブログ忘れました。又このところトイレの電気、携帯電話・鍵などの置き場所、テレビを見ていて歌手の名前がなかなか出てこないなど等。自分がぼけてきたのではないかと心配になります。
人間の記憶力というものは20代をピークに加齢とともに減退しますが、記憶力以外の能力は様々な経験や体験から学ぶ事で20代以降も成長し、知能全体では50歳ごろまで伸び続けるといわれています。しかしながら多くの人は60歳ころになると記憶力に加えて判断力・適応力などに衰えがみられるようになり、知能の老化が始まります。記憶力の老化が進行し物忘れが次第に多くなるのもこの時期ですが、この物忘れは加齢に伴う自然なもので、認知症の症状ではないそうです。認知症の物忘れは「そのこと自体」を忘れることだそうです。トイレに行った事・鍵を持ったことを忘れます。体験自体を喪失してしまうので認知症の患者は、理由がわからず「鍵がない。きっと盗まれたんだ!」と怒ることになります。物忘れの自覚があれば、痴呆ではない「健康的な物忘れ」なんだと勝手に慰めております。

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

プロフィール

谷口萬栄堂

Author:谷口萬栄堂
表具・掛軸・額など
表具に関する話題

ホームページはこちら

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。