表具・掛軸・額 谷口萬栄堂

地元、滋賀県・水口にゆかりの巌谷小波の掛軸や表具に関する情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウナギのかば焼き

今日は28日、土用の真っ只中である。今年の土用は7月20日が土用の「入り」、8月7日が「明け」である。土用というと、夏の暑い時期だけだと思われる方が多いと思いますが、土用は各季節にあります。立春・立夏・立秋・立冬の前の18日間を土用といいます。夏土用は江戸時代にこの期間の丑の日を、「土用の丑」として薬草を入れた風呂に入ったり、お灸をすえたりして、夏バテや疲労などを防止してきました。またウナギを食べる習慣も江戸時代から始まりました。家康が進めた江戸湾の干拓事業によって湿地ができると、そこに住み着いた「ウナギ」は労働者の食べ物となりぶつ切りにしたものを串にさしたものが「蒲(ガマ)の穂」のように見えたため「蒲(かば)焼き」といったそうです。ウナギを開いて食べるようになったのは江戸中期からですが名称はそのまま残りました。ところで今年の丑の日は、2回あります。養殖物でも値段が張るウナギは簡単に食べられません。ふっくらとしてたっぷりと「たれ」をかけたあの絶品のウナギ、土用が過ぎて値段が下がってから戴くとします。
スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

プロフィール

谷口萬栄堂

Author:谷口萬栄堂
表具・掛軸・額など
表具に関する話題

ホームページはこちら

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。