FC2ブログ

表具・掛軸・額 谷口萬栄堂

地元、滋賀県・水口にゆかりの巌谷小波の掛軸や表具に関する情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウナギ

今日は土用の丑の日。スーパーのチラシにも沢山のウナギが並んでいます。「丑の日」にウナギを食べる説は、平賀源内の「夏場に売れないうなぎ屋の宣伝のため」という説が有名でその発案以降夏の風物詩となったそうです。もともと江戸中期ころから庶民はウナギを食べており、江戸末期になるとウナギのかば焼きは、そば・寿司・天ぷらとともに「江戸の食べ物4天王」の一角となっています。ウナギの料理法には東西の違いがあり、関西は腹開きで蒸さずにつけ焼きにする。関東は背開きにし、白焼きにしてからつけ焼きにするのが一般的だといわれています。江戸で腹開きにしなかったのは、切腹を連想する武士に嫌われたからだという説があります。また二ホンウナギは絶滅危惧種に指定され世界でとれるウナギの7割を日本人が食べているといわれています。個体数の減少の原因の一つは、乱獲だとみられています。ならば養殖すればいいと思われますが、ウナギの生態は謎が多く「完全養殖」は、なかなかむつかしいようです。現在は海から川に遡上する稚魚のシラスを捕獲しそれを養殖しています。謎の多い生態も少しずつ解明されてきました。ウナギは太平洋のマリアナ諸島で産卵し、ふ化した稚魚シラスは黒潮に乗って日本近海にたどり着き河口付近にとどまったり川を上ったりして成長し、産卵のため再び遠い南の海に向かいます。ウナギは壮大なドラマを演じているのです。そんなことを考えるとウナギを食べるのがかわいそうになりますね。値段も下がる土用が済んでからいただきます。
スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

プロフィール

谷口萬栄堂

Author:谷口萬栄堂
表具・掛軸・額など
表具に関する話題

ホームページはこちら

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。